自己紹介

社会不適合者のJOHchangです。私は高校生の時に(当時農業高校)実習の先生に「幼稚園児でも出来ることが出来ないのか!」と怒られて以来、転落人生を歩み始めた。卒業後警備員になるも、2ヶ月で退職。その後就職するも、現場に辿り着けずクビになる。次に配達員になるも、地理が全く覚えられず1月でクビ。その後夜勤のバイトを転々とし、現在ブロガーとしてデビューしました。私のダメダメなところや時事ネタなど色々書いていこうと思います。

所持している資格は

第2種電気工事士、危険物乙4、消防設備士甲4・乙6,7類、ホームヘルパー2級

以上です。宜しくお願いします。

https://blog.with2.net/link/?2005525

脳の健康と就職スキルを身に付ける、障害者就労移行支援のニューロワークス(NEUROWORKS)

昔の人も現代人に偉くできるほどの常識や考えがあるわけではない

いつの世代も「最近の若者は」と口癖に言っていますが、本当にあなたたちの世代も立派な事をしていたのか?私はずっと疑問に思っています。大正時代の人たちから人の言えない事を上げて行こうと思います。

まず、大正時代に機関車が登場した頃、車内で飲み食いは勿論、タバコを吸っていたり、ゴミをポイ捨てしてたり、化粧や着替えも平然としていました。過去に平成時代にも車内で化粧をしたり、タバコを吸う高校生をニュースの特集で取り上げていましたが、今に始まったことじゃないでしょ?いつの時代も売春をしている者がいますが、自分たちが高校生の頃(平成7年辺り)に援助交際という名の売春をする中学生から高校生が居ました。ニュースの特集で現在でも定期的に取り上げています。でも売春は人類が誕生した頃からあります。全世界であることなので、特別驚くようなことでもありません。明治、大正、昭和時代も売春はありました。正確には令和でもあります。昔の売春は貧しい家庭が食べて行くために少女たちが体を売ってお金を稼いでいました。その時代はその日食べていける分程度の稼ぎでした。終戦後の昭和31年(1956年)売春防止法が施行されました。当時は買春した男たちは罪には問われませんでした。児童買春禁止法が1999年(平成11年)5月に公布され、2014年6月に改正され、18歳未満の買春した者も逮捕されることになりました。でも、法の抜け穴として18歳以上の買春は事情聴取だけで済まされるという現状があります。売春防止法前は生活の為の売春でしたが、現在では欲しいものがあるからと援助交際をしている者もまだ居ます。楽して金が入るという考え方は今も昔もあるということです。世界の偉人でもなければどんな人間も偉くはないのです。

今後も増えて行くオレオレ詐欺

現在も振込め詐欺が横行しています。今より更なる高度なオレオレ詐欺が広まると思います。あくまで自分の予想ですが、個人情報や企業情報で顧客情報を入手して家族の名前で振り込ませる方法と年齢層を決めて街頭アンケートを利用して個人情報を集めて選別し、電話で振り込ませる方法が考えられます。もちろんターゲットはお年寄りです。自分の子供の声を覚えていない人が多いので、普段から電話で会話をしていない親子関係だと「私だよ、私」とか「俺だよ、俺」と言うだけで名前を出してしまう人が後を絶ちません。高度な詐欺になれば最初から名前で子供に成りすまして振込ませる方法が増えると予想できます。高齢化社会ならではの特殊詐欺です。とにかくお年寄りは注意力も落ちているので、パニックになれば言う通りに振込んでしまうから容易く被害に遭うのです。被害をなくすには、普段から電話のやり取りで注意を呼び掛けることをしていく必要があると私は思います。

無くても困らないのに未だに使い続ける日本

まず、印鑑は銀行口座の開設や宅配便や役所の住民票などで三文判でも認印としてまかり通ってしまうところに疑問を感じます。印鑑は偽造も簡単に出来るので、詐欺などの被害届を警察に届けても筆跡鑑定みたいにできないのでハッキリ言って危険な習慣です。サインは筆跡鑑定で証拠として残せるけど印鑑は偽造されたら終わりです。外国ではサインでOKなのに日本だけは印鑑を重要視しています。どう考えても危ないですよね。この独特の習慣を終わらせた方が被害が減ると思います。

海外ではもう使用していないFAXを日本は大企業でも使い続けています。EメールでPDFファイルを一緒に送って送信すれば済む話なのに資料などの送信に現在もFAXを使い続けています。アナログ回線で書類などを送信してコピーをさせています。セキュリティー面でも危険なのに未だに使ってることに違和感を感じます。もちろんデジタル通信も万全とは言えませんがセキュリティ対策をしています。個人情報や企業情報の漏洩に一役を買っているアナログ回線を信用しているのはどうかと思います。もちろんPCに入っている情報(Word・Excel)もUSBメモリを差せば一瞬でコピーが取れます。個人情報や企業情報を買取る業者が存在します。少ない手順でお金になるんですよ。PC本体のパスワードを掛けていない企業も多数存在しています。日本人はサイバー犯罪に適応力が低いので簡単に騙されて特殊詐欺に遭うのです。危機感があまり感じられないのが良いところでもあり、悪いところでもあると思います。もっと危機感を持った方がいいと思います。

日本は終わっている

日本は技術力で経済成長して経済大国になったのは昭和の終わり頃までの話で今では新開発の技術力も無くなり、携帯電話についてはiphoneの物まねでスマートフォンandroid機種を作るだけの1パターンに成り下がった。ハッキリ言って芸がありません。PCについても日本で製造しているのはiiyama(ショップブランド含む)とpanasonicしか作っていません。かつてはNECや富士通ワープロ東芝が技術争いをしていた頃はNECが1996年まで常にトップに君臨していましたが、windows95の登場でapple社のPC以外のメーカーは採用し、技術では勝負の差が付かなかったのでメーカーブランドをウリに1位2位争いはNEC富士通が争っていました。windows98が登場したころにアメリカから低価格パソコンが(旧IBMLenovoやHP等)日本で発売されたり、99800円ノートやデスクトップを販売したソーテック(現オンキョーソーテック)は中国で製造してコストを下げて低価格で販売をしていました。低価格競争が年を追うごとに熾烈となり、PCの収益が低くて事業の撤退する大手メーカーが増え始め、NEC富士通lenovoにPC事業を買収される事態にまで落ちてしまいました。日本にはもう技術で海外の経済国に対抗する技術がほとんどありません。部品製造と外国人向けの観光業だけ。さらにひどくなったのは靴メーカーです。例えば10000円出せば、普通に履いてる分には半年近く持ちましたが、今では消耗品扱いされて国内でも粗悪品を製造しており、10000円出しても3ヶ月位で履物として使えなくなってしまうのです。日本のメーカーすら信用できない状態です。消耗品=収益装置にして金をふんだくっている有名企業が多数存在しています。もう商品すらブラックですよwだから金を出さない人たちが増え続けるんですよ。日本政府は消費税増税しますけど、余計に物が売れなくなるんですよw学習能力が全く無いですねw

観光業に頼っている日本は見向きされくなったとき、熱海や伊豆下田の旅館やホテルのような廃墟がまた出ると思います。この外国人向けの観光業も長くは続かないと思う。この観光業はセレブを対象にしているだけなので、飽きられてしまえば終わりです。日本は金を吸い上げること以外取り柄がもう無いですね…

諸外国では農家は大切にしているのに全く大事にしない日本政府

日本の農家の平均年収は200万円だそうです。所得がアルバイト以下ですよ、後継者なんて出ませんしさせませんよ。このままでは自国生産する食材すらなくなって全部輸入品で賄うつもりですか?農家を馬鹿にするんじゃないよ馬鹿国会議員共!衆参合わせて定員100人でも多いくらいなんだけど、750人も議員なんて必要ないんだよ。2世の議員どもは世間がわからない無能がほとんどなのに毎回当選とか投票者バカだろ!収賄してるだろ!本当に終わってますね日本は。もう飽きれてますよ日本国民はw

jpspo.jp

生きるって難しい

人生を楽しく生きるって凄く難しいと思います。生きていれば必ずと言っていい程の壁に直面しますよね。学校だったら勉強とか人間関係とか…

とにかく線引きをしていかないと自分が疲れますよね。嫌な事でもやらなければいけないし、時には時間を潰したり、学校や仕事を終えても付き合いがあったりと面倒な部分がありますね。楽しいときはいいけど、つまんない授業とか仕事の雑用が苦行でしかなかったです。耐性を付けなければいけないんだろうけど、自分の場合はほとんど耐性が付いてなかったです。自分はアダルトチルドレンなので、大人らしくないところが多いです。保育園児からの落ちこぼれなので、最初から挫折しています。出来ない事が多いと疲れるんです。私はジグソーパズルを完成させられないし、プラモデルも組み立てられないし、キャッチボールで人をケガさせたりでいいとこ無し。年を取るたびに遅れてしまうんですよ。できて当たり前なこともできないは結構辛いです。失敗すれば「何やってるんだよ、この馬鹿」とかしょっちゅう言われていましたし、面倒になると押し付けたり放棄したりで人間のクズです。楽しくないことは投げてしまうダメ人間です。仕事の求人は有能な人の募集しかしてないから、面接受けても落ちるんですよ。自分がもし経営者だったら自分みたいな人間は雇いたくないです。社会不適合者向けの職種をネットでみましたが、どれも不向きでした。ただしゃべるのは好きですが、口が上手くないです。先日WEBライターに向いているかテストしてみましたが、興味のない事を文章にするという時点でつまづいています。正直、ひきこもり支援相談士と心理カウンセラーの民間資格を取って1から始める以外無理です。まあこちらは凄く興味があるので挑戦してみようと思います。

のび太君はダメ人間ではない

のび太君は普段から昼寝をしていたり、廊下に立たされたり、ジャイアンにいじめられたりしていますが、やるときはやるズル賢い人間です。嫌なことがあったら人(ドラえもん)に頼って物事を達成したり、仕返しもしたりします。この年齢で社会で必要なスキルを身に着けています。とにかく挫けないからセールスマンに向いてると思います。セールスマンは挫ける人間や騙すことに罪悪感を持っている人間には勤まりません。本当のダメ人間は物事は達成しないし、仕返しや見返しをしません。もちろん惰性で物事を続けたりしません。でも、のび太君はどんな手段でも達成したり、仕返しをしています。のび太君はダメ人間の例としてドラえもんのネタになっていますが、私から見たら魅力あるズル賢い出来る人間です。わたしはのび太君ほどの能力がないから羨ましく思ったことが何度もあります。せめて自分にこういう能力があったら違う人間になれたんじゃないかなと今でも思います。

強いメンタルを持つのは難しい

私は運動をしていますがメンタルが弱いです。普通の人が出来ることが出来ないことが多く、小学生から落ちこぼれです。夏休みに配られたアサガオの水やりが面倒で放置してたらいつの間にか枯れていた。授業を聞いても分数で挫折(今は大丈夫)して居残りで補習させられたり、掃除がテキトーだったりで良いところがありません。いわゆる問題児です。通知表はほとんど1~2で書かれていることも良いことはほとんど書いてもらえないダメ人間です。中学1年の2学期から授業内容が理解不能だったんで「早く家に帰ってゲームしたい」と思っていたり、寝てたりでやる気なかったんです。中学3年の担任(数学担当)が物凄く嫌いでした。忘れ物して怒鳴られたり、給食の時間の時に態度のことで言われたり、補習授業で説明をされて「言ってることが理解できません」と言えば呆れられて「帰っていいよ(やったー!)」と言われたりで苦痛でした。空気扱いされてる奴が羨ましかったです。当時の不登校児でフリースクールに通ってた友人がとても羨ましく思って両親に「学校に行っても無意味だから不登校児向けの学校に行きたい」と言ってもダメ出しされるはで学校=拷問場という状態でした。たまに早退して昼間から本屋に行って雑誌や本を読んで楽しんでいました。時間にして2時間。この時が最も有意義だったと思います。自分にとって学校とは「進学のための勉強」「授業についていけなくなったら終了」「無意味な時間」です。資格の勉強については真面目に1から取り組める。学んだことは「自分に合わない環境に合わせないといけない」のみです。挫折ばっかり経験値が増えるからメンタルが弱いに決まってます。高校生の時の夏休みに引っ越しの短期のバイトに入ったけど、さっぱり分からずいい歳して不良みたいな社員に怒鳴られたり「物壊したら鉄拳だからな」と最悪な環境だったので、その日に給料もらって「辞めます」と社長に言って辞めました。日給は7500円だったし小遣いより多かったのでSFCのゲームを買いました。引っ越しの従業員って不良上がりばっかりですね…引っ越し経験者も同じ事を言っていました。私は元から弱かったという事になります。卒業後、交通誘導のバイト(倒産済み)をやりましたが、研修を見ても…現場に行っても…ときには現場に辿り着けないこともしばしばで2ヶ月で退職。次は万引きGメンの社員は2週間でクビ(既に倒産)理由は地図みても場所がわからない、つまり方向音痴です。理解できないことは理解しようとしてもダメだってことです。自分は標準の能力が無いから簡単なことも出来ないのです。人生の落ちこぼれには筋トレしても強いメンタルが付きません。自分が信用できないし生きてる意味がなかったです。酷い時は「安楽死施設作れよ」と実現しないことを思っていました。このような人間で強いメンタルを作るまたは持つが難しいんですよ。どうすればいいか教えて欲しいくらいです。